violetbluexxx’s blog

猜疑心と信頼の間で生きてます。申し訳ございませんが、あなたの為になる記事は恐らくありません。心のこと、音楽、ファッション、アート、旅、アニメ、映画、本、記録&アウトプット雑記ブログ

根暗回帰~自分を取り戻す~


f:id:violetbluexxx:20220929004240j:image

 

今回は前回の記事の続きのような内容。

(なので引き続き謎の90年代風サブタイトル。笑)

 

前回は、「音楽に触れあう時間を増やして、自分の大切にしているものとの関わりを深めて、自分を取り戻していきたい」的な内容でした。

 

violetblue.hatenablog.com

 

今回はそれに付随する感じで

「根暗な自分を大切にする」

について語ります。

 

そう。

 

わたしは何を隠そう

 

根暗

 

なんですわ。

 

私を直接知ってくれてる人からしたら

いつもオシャレで

ヘアメイクも気を使ってて

ファッションの仕事という華やかな世界の人で

ライブ行ったりフェス行ったりアクティブ

 

っていうパブリックイメージがある場合もあるかもしれないけど

(めっちゃいいように捉えてるじゃん🤣根暗とネガティブは違うのだよ。笑笑  ネガティブもな部分も強いどね)

 

 

まぁーーほんっっっと根暗なんです。

 

根暗っていうのは

いつも明るくて元気とか、話がうまいとか、いつも笑顔とか、

そういう表面上の事ではなくて

「根」が「暗い」って事です。

 

タモリさんが流行らせた言葉と言われてますね。

 

ネクラ(根暗)とは、性格の「根」が暗いこと、あるいは根が暗い人を指す俗語である[。対義語にネアカ(根明)、派生語にネクラ族ネブクロがある。起源については複数の説があり定かではないが、タレントのタモリが1970年代後半から自身の出演番組で盛んに用い、人の性質を単純に二分化できる軽さもあって1982年の流行語となった。ネクラの「根」とは、性根(しょうね)や根性(こんじょう)など、その人が持つ根本の精神性を指す言葉である

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia

 

それは自分では結構前から分かっていたけど、

自分の世界を広げたいなぁという思いや、知的好奇心、チャレンジ精神などが相まって

ここ2年半くらいは、意識を外に向けてアクティブモードにしていたな。

 

と、今振り返って感じている。

 

その事に何も後悔は無いし、その体験のおかげでほんとにいろんな部分を更新できたことも間違いなく事実。

 

でも今後はしばらくは根暗モードONで、根暗な自分を今まで以上に大切にしてあげようって思ってます。

 

根暗って検索したら、改善策系の記事めちゃめちゃ出てくるんだけど、まったく悪い事じゃないはずなのに、なんだこの現状は。。。

 

生きづらい世の中だな、おい。

 

お釈迦さまだって、多分絶対根暗でHSPだったと思うんだけど

苦しみの正体やメカニズム、それから解放される方法を発見してはるからね。

 

根暗繊細さん最強説💪✨

 

今生で悟れる気はしないのでそれはまぁいいとして、とにかく根暗な自分を否定せず大切にしたい。

 

それが今の想いです。

 

アクティブだったここ数年を振り返り、

 

●交流や情報収集のウエイトが大きくなって、自分自身とじっくり繋がる時間が減った

(単純に年齢に伴って以前より体力が減ったのもデカいかも。笑。両方満遍なくが難しくなってきた)

 

●ただでだえ意識が分散しやすい気質なのに、影響を受ける事や刺激の量が多くて処理がしきれない

 

という感じになってたことに気づきました。

 

極めつけは

 

人間関係が広がることにそんなに喜びを感じない

 

に気づいてしまったこと。

 

なんてこったーーー🤣🤣🤣

 

自分から興味がある場所に出向いて、そこに集まる人たちと交流することは嫌じゃないし、楽しいって思うけど

 

連絡先を交換したり、SNSでフォローしあったりの方法で、

繋がりを広げる

知り合いが増える

ってこと自体にはそない興味がないようだ。

(まったくしないわけではないですが)

 

 

人間嫌いというわけでは決してないし、人を信頼する。ということもアクティブ期間にコツを掴むことができたので、他人に警戒心剥き出しってことはない。(多分)

 

でもなんか

知り合いが増えるとワクワクする!!みたいなことは少ないかなぁ。

 

振り返れば、幼少期から少人数で遊ぶ方が好きだったし、特定の人とじっくり関係を深めていく事の方に喜びがあったように思う。

(じっくり深く関われた人ともライフスタイルの変化や、内面の変化とともに縁が遠くなることはもちろんある)

 

 

他人と関わることをシャットダウンする気は全くないし、

自分と合う人とだけ出会いたいとも思ってないし、

矛盾してるかもしれないが、これからの人生でどんな出会いがあるだろうかと

それは未知で楽しみだと感じていることも確かだけれど

「繋がりを増やすこと」に重きは置かない。

 

自分の世界に閉じこまらず、オープンマインドで他者とも関わりながら、自分と繋がることの優先順位を上にする。

 

のが理想だけど

 

『オープンマインド』は難関というか、無意識レベルの常駐プログラムにするのは現在の私にはまだハードルが高い。。。😱

 

しかし気づいたときに意識する。ってのは心がけたい。

 

が、それを意識しすぎて

 

ポイズン~言いたいことも言えないこんな世の中は~

状態に陥るのは一番避けたい

 

結論

やっぱり90年代はサブタイトル ということで🤣🤣🤣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の日の2022~自分を取り戻す~

前回の記事で

この夏は自分の内面の変化を感じた期間だったこと、

ミシンで何かを作るのが好きだったことを思い出した。

ということを書きました。

 

 

violetblue.hatenablog.com

 

今回はそれの続き。でも内容は別です。

 

前回の内容とは別で、自分の中でとても大切なことだったと思い出したことのひとつに

「音楽」があります。


f:id:violetbluexxx:20220916162619j:image

 

音楽と私の関係が、すごく希薄になっていたなというか雑になってたな。ってすごく思ったんです。

 

私のことを知ってくれている人からしたら「音楽好き」のイメージを持ってくれてる人が多いと思うし、自分でもそうだと思うし、日々音楽には触れているけど、なんかこう

「どっぷり浸かるのはやめよう」みたいな感じがずっとあって。

 

こう思っちゃうようになったの何でかな??ってのを前回と同様ぶわーっと書き出して、自分なりに整理しようと思う。

 

 

●単に興味のあることが増えた。

生き方とか在り方、考え方とか、この世の真理とか、仏教とか、そういうものに興味の範囲が広がっていったので、音楽の探求をあまりしなくなった。

 

●共通の音楽の趣味の人が減った&いない

 

人間関係がごっそり変わって、好きな音楽が近い人が身近にいない。

ここ数年は哲学的なことや、スピリチュアル、精神世界、などのキーワードをきっかけに人と知り合う事が多かったので、わたしの好きな音楽の話はますます話題に相応しくない。

 

なんちゃらヘルツみたいなヒーリングミュージックとかの話題だとまた違うんだろうけど、なんせぼかぁロック小僧なんで😂

(ヒーリングミュージックも聴きます)

 

自分の世界を広げたい、自分の世界から出て新しいフィールドの人と関わっていきたいという想いがあったし、音楽やらファッションやらって世界だけにいたくないってのは今も思うので、人間関係が変わったことに関しては後悔のような感情はないのだけれど、好きなこと、自分にとって大切なことを疎かにしていたのはやっぱり問題があった。

 

身近な人で音楽のこと話せる人がいないのは、正直寂しいし虚しいなーって思うけど、だからって何故自分の「好き」を抑えていたんだろう。

何の利益にもならないっていう気持ちもかなりあったな。

利益ってお金の事だけではなく。

 

私はプレイヤーではないので、私が好きな音楽の話題きっかけに何かが広がり始まることはないだろうし、誰も興味がないだろうし、相手にとって有益な情報ではないだろうと。

 

●交流とインスタントな情報を仕入れる事、出すことに追われていた

これはまた別の機会に改めて書けたら書きたいけど、端的にいうとSNSですね。

人生の貴重な時間をかなり捧げてしまっている自覚が恥ずかしながらあります。

なので音楽もながら聞きになることがほんとに多くなった。

 

※最近は人間関係が変わって減ったけど、LINEとかメッセンジャーは関係が深い人とじっくり対話するようなやり取りをするのが好きなので、それに関しては有益な時間の使い方ではなかったかもしれないけど、決して無駄ではなかったと断言できる。

ただの愚痴やおしゃべりもあったけどね。

(↑ここの言葉は、親愛なる友人に捧ぐ)

 

●いつも何かに追われている&疲れっぽい

一人暮らしで、フルタイムで仕事して、家のこともしないといけないけど家事は苦手で、、、

現状や苦手なことをどうにかせねばという焦りがいつもいつもあって、ゆっくり1時間くらいあるアルバムをじっくり聴いてる場合ではない。

と、思いつつその1時間を何かに充てているわけでもない。笑

 

 

●音楽を真剣に聴くにもエネルギーがいる

前回の記事にも書いたけど、「好きな事」=「ルンルンでできる趣味」ではないのです。音楽もそう。

確かに聴くだけで元気が出る、ルンルンになる音楽もある。

じゃあそれ聴いときゃいいじゃんって話だけど、そういうワケにはいかないのです。

 

私の中で音楽を聴く行為は「楽しい」を味わう為だけではないから。

 

自分で言うけど、「音楽を聴く耳」は多分かなりいい方なのと、感受性が強いのとの合わせ技で世界に入りすぎて、受け取るものが多すぎて通常に戻るのに一苦労することもしばしば。

 

毎回この熱量で聴くわけじゃないけど、真剣に聴くのはやはりエネルギーがいる。

 

 

趣味を聞かれたり、履歴書の趣味の欄書いたりするときに

『音楽鑑賞』って書くのいつも違和感あったんですよね。

 

これが何でかやっとわかった。

 

『趣味』じゃないんだなって。

趣味を超えた存在なんだなって。

(趣味というカテゴリーのものは浅いとかそういう話ではなくて)

 

急にめっちゃ重い話になるけど、私

「生まれてきたくなかったな」ってのがずーーーーっと根底にあって。

 

でも音楽を聴いてるとき、いい音楽に出会えたとき

「死にたくない!!」って強烈に感じるんです。

 

「生まれてきてよかった」「生きててよかった」ではなく

 

「死にたくない」って。

 

こんな素晴らしい音楽が聴けなくなるのは嫌だ!!って。

まだまだ何回も聴きたいし、知らない音楽にも出会いたい!!って。

 

(ライブでは気持ちよすぎてこのまま逝ってもーていーかって思うけど。笑)

 

自殺願望はないけど、生まれてきたことを心底喜べてないわたしにとって、音楽は「生」を感じさせてくれるものなんだなーって、

繋いでくれてるものなんだなってのを最近気づきました。

(誰だって人生が苦しいのは存じております)

 

わたしはとことんリスナーで、プレイヤーとして音楽に関わることはないので表現側ではないけれど、「音楽を聴く事」はわたしにとっては「生きる事」に通ずるような大切な事だったのに、

それを

「今関わってる人とは共通の話題じゃないから」

とか

「いつも何かに追われてるから」←何もしないくせに(笑)

とか

「有益な時間ではない。利益にならない」

とかで追いやるのは

「自分を生きる」「自分らしく生きる」とは真逆の行為だった。

 

他者との繋がりの前に、自分自身と繋がってなかったなー。

 

心(魂?)が求めてないことに時間を使うことを見直して、音楽と向き合う時間を取って、自分を取り戻して行きたいなってことを思っております。

 

何かを手放して習慣を改めるのが一番難しいし、新たな決意ほど無駄なものはないんですけどね😱笑

 

 

 

 

 

 

 

夏の思い出

この夏は、自分の中では例年とは全然違う夏になった。


心の動きというか、内面の変化をすごく感じる期間だった。



おまもりTシャツプロジェクトというものを企画して、黙々と縫い物をしたり、しれっとコロナにかかって療養してたりしてた間に、たくさんたくさん思うことがあって。。。
この記事ではTシャツプロジェクト中に感じたことをぶわーっと綴ろうと思います。



まずは、おまもりTシャツプロジェクト
note.com



仕事を3週間ほどがっつり休みを取って、この企画に取り組みました。

前半は申し込み記事や、寄付を募る記事などを作成して、後半は製作。
(ちょうど間の時期にコロナになりました。笑)


特に内面の変化を感じたのは後半の製作期間。
1週間くらいだったかな?

黙々と、デザインを考えたり、布を切ったり、アイロン当てたり、縫ったりをしていて


「わたし、裁縫に興味があってやりたかった」というのとを思い出した。


ハッ!!と思い出したというよりは、じんわ~り。という感じ。


でもね、ところがどっこい


作ってる間、楽しかったかというとそうでもないんです😂


どちらかと言うと苦しい。


何故かというと、
わたしは手先がとーーーーっても不器用で、機械とも大体いつも相性が悪くて、とにもかくにも、何作るにもスムーズに行かないのです。笑
(この場合の機械はミシン)


センスはいいのに(自分でいう)、脳内イメージを現実の物にする為のテクニックが追いついてないんです😂





さらには、めんどくさがりで、ノロマなのにせっかちで
「早く結果に辿りつきたい!!」
という気持ちから横着をして、結果失敗したり、納得の行かないものができたり。。


今回も、何回1度縫った後に納得いかなくてほどいたことか。。。


手先が器用で裁縫が得意な人なら信じられないだろうけれど、こんな単純な胸ポケット作って縫い付けるのに、1着3時間くらいかかってしまう。
(休憩もしがちなんだが。笑)


あー苦しい!
うまくいかなくて自分が嫌になる!
集中力もなくて時間がかかる!
苦しい苦しいー!!

と思いながらも、

「この作業をする時間をもっとください!作業をしていたい!」

と強く思っていた。

出来上がった時には何とも言えない達成感があって、こころが充実しているのを感じた。

(「喜び」ともいうのだろうが、なんかこの言葉はこの感覚に当てはめるには今のところしっくり来ない。)



なぜファッションに纏わるものを作ることに興味がすごくあるのに、追いやっていたのかな?とちょっとまとめてみました。



⚫作るのは興味があるけれど、不器用すぎて苦しい作業。
私にとっては決して「ストレス発散」の行為ではない。

⚫作るという作業は、ただでさえ苦しくて負荷がすごいので、たーーーっぷり時間が取れないストレス倍増する。

⚫エネルギーが足りてない時はとてもじゃないけど作業できない。

⚫稼働までにも時間が欲しいので、細切れで1日30分やる。とかはとても無理。
ストレスで爆発する。


⚫故に仕事終わってから寝るまでの数時間の間に、家事やらお風呂やら諸々の事をサッと済まして時間を作って作業というのは発狂行為。


⚫3連勤、1休、2連勤、1休、4連勤とかの、この細切れの休みを作業に充てるのもストレス倍増。
(休みの日は仕事で減ったエネルギーを回復したいし、雑用もあるしそれで精一杯)

⚫生活費を稼がないといけないので、エネルギーを使うことを集中してする為に、ガッツリ連休を取って仕事を減らす。というのは危険だ。


という感じかな。


そして、これは「裁縫」に限らず「文章を書く」や「発信」にも当てはまる。


いや、むしろそっちの方が「やりたいこと」のウェイトは大きいかも。


こんな乱文しか書けないけど、とにかくもっといろんなこと、自分の中にあるものを発信したい。

誰向けかは知らんけど。笑


「表現」とか「アウトプット」とか「創作」という行為は、わたしにとってはルンルンで出来るものではなく、娯楽でもストレス発散でもないのだと自覚しました。


「好きなこと」「やりたいこと」ではあるけど「楽しい趣味」とはちょっと違うカテゴリなのかも🤔


それをする為には細切れの休日じゃなくて、ある程度の連休を取る必要があるな。
というのも自覚。


少しばかし収入が減っても、仕事のスケジュールを組む時に、連休を確保するということに重きを置いていこうと考えております。


↑本音を言うと当たり前だが収入は減ってほしくないし、むしろ上げたい。笑

なので働き方もシフトしていこうとも考えております。


これは、以前からすこーしずつ実行中。
周りからは多分何も変わってるように見えてないと思うけど、実は変わっていってる。



まだまだこの夏に感じたことはあるけど、また次回🖐

2022年5月の自分の現状

3月頃に「来月から月収8万くらいになるかも😨😨😱😱」って自体に陥り、一瞬めっちゃ焦ったけど、なんとかなるだろうと思っていたら、結果なんとかなっている✌️

 

 

一人暮らしで、生きていくのにかかるお金、全て自分で捻出しないとなんで余裕、余剰分はありませんけど。

 

お買い物同行、ファッションアドバイス、催事での販売など、フリーランスの仕事増やしていきたい!!って 漠然と思っていたら、フリーでの販売員の仕事、ちょっとずつ増えてきた✨

 

しかし、販売員は業務委託だったり、ブランドさんと短期で直接雇用契約結んだりとかのスタイルなんで、完全に自分で全てやるお買い物同行のオファーも増やして行きたいと思っているのに、発信が全然できてない😅😅

 

この「思っているのにできない」の原因、しっかり突き止めたいなぁー。

 

考えるより動け!!なんだけれど。

 

単純にめんどくさいって思いがあるなぁー。

 

ほな、やめとけ🤚って話なんだけど。

 

単純にめんどくさいって思うのは

 

メディア作るならイメージ固めてからかっこよく完璧に!!

 

っていう

 

変なとこ完璧主義。が強く出てるのもある。

 

私を知らない人に発信していかないと意味がない、広がらないのは頭で分かってるけど、それに恐れているのもあるなぁー。

 

正直別に、

人間関係広げたい!!

多くの人と知り合いになりたい!!

 

とかの願望が薄いので(Facebookの友達申請はほぼ無視。会ったことないスピリチュアル系の人は全滅です😂ほぼ!トップ画がキモイから笑)、

知り合いじゃない人からオファーが来ると、発信しているイメージ通りの「私」で振る舞わんとあかんなぁー。って思うと それもめんどくさい。

 

だったら「素」を見せていこう!!ってことになるんだけど、「素」の私からアドバイス欲しい人おんのか?!🤣って気持ちになるし。。。

 

こういう感じで、行動する前に考えすぎたり、仮説立てすぎるのが何より問題なのだけど。

 

このブログにしても、ブログ書くなら 3000字以上でしっかり記事にせねば。と考えすぎるとこがあるので(なので全然更新がない。まず読者がいないし。笑)、とりあえず方向性も文字数も決めずに、心のログとして気軽に書いていこうかなー。

 

 

レッチリのジョン・フルシアンテ復帰後第1段のシングル曲に悶えた話


f:id:violetbluexxx:20220223181915j:image

rockin’on.com

 

レッチリの4月にリリースされるアルバムからのニューシングル「Black Summer」

もう!もうもうもう!安定の「レッチリ

もうどっから聴いても
レッド!!ホット!!チリ!!ペッ!!パーズ!!

なんだったら「あれ?もう今までのアルバムに入ってなかった??」レベル😂
(ダニーカルフォルニアあたり)


でも!それでいい!!
これでいい!!
これがいい!!!

 

なぜなら、今回は10年以上ぶりに
ジョン・フルシアンテがバンドに復帰しての1作目だから。

 

ほとんどのファンが
「待ってました!!!おかえり!!!」ってなる曲だと思う。
こういうの待ってたと思う。

 

こんなこと言いながら、4月にアルバム出るのは知ってたけど、先行シングル出てるの知らなくて、初めて聴いたの職場の有線だったのです。

 

BGMだからそないボリュームも上げてないし、スピーカーもドンドン響くようなやつじゃないから、最初全然気づいてなくて。

「なんかレッチリみたいな曲やなこれ。影響受けた若もんバンドか?」って思ってたんだけれど

ギターソロのパートで

 

「・・・ちゃう!ちゃうわ!レッチリみたいちゃう!!レッチリや!!このギターの音色はジョンの!ジョン・フルシアンテのギターだ((((;゚Д゚))))!!」っなって、
ようよう聴いたら 声も
「アンソニーの声やないか!」ってなって😂
(洋楽ロックで好きなボーカリストトップ10に入るであろう人物やのに。笑 ごめんよアンソニー🙏)

 

そんで、確認の為に電車の中でSpotifyで聴いて「やはり!」となり、イヤホンからはダイレクトすぎて ギターのパートでもう悶絶。

 

ジタジタニヤニヤ暴れまわってしまいそうだった。笑

 

なんか、「レッチリの曲」って先入観なく「ジョンのギターの音」ってわかったのが嬉しかったし、自分すげぇ!!!ってなったな~。


私は楽器やエフェクターやら機材については まったく何も知らないし、演奏テクニックとかについても無知だけど、知識(あたま)の部分で判断したんじゃなくて、ハートの部分で「心のこの部分が反応する音はジョンの音だ」ってなったんやなー。


※なんか特徴的なんで、わかりやすいギタリストやとは思うけど。

 

後は、サビのコーラス&ハモリが「ジョンだー!!」ってなりましたなぁー。

アンソニーの声とのハーモニー。

あーやっぱりこれこれ。これですよ。

 

いやーとにかくよい。
ジョンがいてるレッチリのライブ。
人生で1度は味わいたいなぁー。
(タイミング合わなくて、未経験なのです)

 

でも、ワールドツアーでは日本に来てくれない🤣🤣🤣

 

そして、ジョンが脱退してから10年間。
ギターを務めていたジョシュ。

このインタビュー読んで、はぅーーってなりますた。

rockinon.com

彼のファンになるってことは残念ながらなかったんだけど😅(ジョシュ期の2枚のアルバム、嫌いじゃないけどあんまり聴かなかった💦)レッチリを休止させないでくれて、歴史を終わらせないでくれてありがとうって本当に心から思う😭😭✨

 

イエモンと一緒で、もう4人離れないでおくれよ😭😭😭

 

PVも相変わらずよく分からない設定で最高です。笑


www.youtube.com


安定のアンソニーの宇宙と交信系ダンス。𓀞𓀟𓀠𓀡𓀢𓀣𓀤𓀥

 

安定の上半身裸

 

安定のマッチョ&トライバルタトゥー
(余談ですが、私がトライバルタトゥーに興味を持って、さらにハートのトライバルタトゥーを入れたのは アンソニーのタトゥーがめっちゃくちゃかっこいいと思ったからです。)

 

1:53からの ジョンのギター ギタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

佇まい変わらなすぎぃいぃぃっ!!

 

1人ずつのカットが続いて(途中でアンソニーがフリーを肩車してるけど。笑)
2:50で4人が揃う。

 

なんだこれーーー!!!!!!良すぎか!!!!仲良しか!!!!!

 

そして、このシングルを聴きながら仕事場に向かっていたら、レッチリのパーカーきてる5歳くらいの男の子を発見するという😂なんでや。

 

シングルでこんなに掴まれてもーて、アルバムめちゃくちゃ期待しちゃう~∩^ω^∩

ライナーノーツ読みたいが為に実物買おうかな∩^ω^∩

 

ちなみに、日本語訳バージョンも。歌詞も相変わらずヘンテコ。

でも何故か引き込まれる。


www.youtube.com

【1万円を100万円にする方法?!お金について考える】

f:id:violetbluexxx:20220117174423j:plain



タイトルの前半部分が胡散臭いバイナリーオプションの自動ツールのセールスのよう😂😂

 

昨日の出来事。

 

私のパーソナルスタイリングのコンサル料をクライアントさんにPayPayでお支払いいただ後、
そこから お野菜を買わせていただいた農家さんにお野菜代をPayPayでお支払いしました。

 

この3人は顔見知り。

 

この「コミュニティの中でお金が回る」っていう感じ、今回は3人ていう小さい規模だけど、こういうのいいなー。ってすごく思う。

 

よく言う「経済を回す!!」みたいなのの超縮小版。

※「経済回さなあかん!!」ってやたらドヤ顔で言ってる類の人が苦手なのは私だけでしょうか😂


毎月行っている【ホロス宇宙塾】でだいぶ前に聞いて、かなり目から鱗だった衝撃的な話をちょっとします。


第1期のお金がテーマの時だったかな?

 

これは、経済学に詳しい人には当たり前で、「いや、別に目から鱗じゃねぇし」ってなるかもしれないんだけど(笑)、

多分、おそらく、

「うわ!!ほんまや!!すご!!( °o°)」ってなる人もいるんじゃないかな。

いたらいいな〜〜。笑

 

「机上の理論」と言えばそうなんだけど、考え方の1つとして、入れておくといいんじゃないかな?というものです。

 

金額は仮で1万円と設定して、私のクライアントさんが1万円を私に払ってくれた。
その1万円で私は野菜を買った。

 

とします。


f:id:violetbluexxx:20220117172559j:image

↑↑無断転載禁止です。(するかっ)

そうすると、
物理的に移動したお金は同じ1万円札なんだけれども、2万円が動いた事になる。

なんか勝手に字がデカくなったのでこのままで!笑

(2万円分の経済効果っていう表現でいいのかな?経済学のことは分かりません🙏感覚で語ってます。)

※PayPayだから実際はお札じゃなくデータですが。

 

それで、ここからまた(仮)の話だけれど、
その農家さんが 疲れた体を癒すのに、 知人の整体院に行き 1万円使ったとします。

 

そして、その整体師さんが次は 絵描きの知人の絵を1万円で買ったとします。

 

そして、その絵描きさんが 私のクライアントさんがされている心のセッションに1万円支払うとします。


f:id:violetbluexxx:20220117165044j:image

↑↑無断転載は…

という設定で、先程の考え方を当てはめると⋯⋯

 

1万円がスライドしていってるだけなのに、5万円動いたことになります。

 

5人は全員「1万円を得て、1万円の買い物、もしくはサービスを受けた」ことになります。

 

そして、私のクライアントさんが私のパーソナルスタイリングをまたリピートしてくれて、2周目に突入し、3周目に行き⋯⋯

 

この円○が10周すると、1万円がスライドしていってるだけなのに動いたお金は50万円。
1人1人は合計10万円を得て、合計で10万円分の買い物をできた。ということなる。

 

わたし、これを聞いた時に「おぉぉーーー😳😳😳想像したことなかったー!!!」ってなったんです。

 

50万円というお金は 1万円なら50枚必要だと思っていたから。(いや、そうなんだけどね😂)

 

この5人が、1人10万円を手にしたかったから50万円必要で、それしかないと思っていたけど、それだけじゃなかった!!という感じ。

 

これをね、益々机上の理論になることは分かった上で、少し規模を大きくして 100人にします。

 

1万円が100回動いたら100万円ですよ。

(。・ω´・。)ドヤッ←そんくらい分かるっちゅーに。笑

 

 

1万円札がスライドしていって、→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→⋯⋯
「自分の商品が売れて嬉しい」
「欲しかった物が買えて嬉しい」
「毎度ありぃ〜〜🙌」

の連鎖が続けば、元金がどんどん大きな金額になっていく。

 

物理的には大金になっているわけではないけれど、そこに生まれた価値(喜び?)がどんどん大きな物になっていく。

 

100人の人に、1人1万円同時に渡す!なら 100万円がいるけれど、順繰り順繰りでいいなら元手は1万円でいい。

 

まったく何が言いたいのか、どこを落とし所にするのか分からず書き殴っておりますが、
「お金はたくさん必要でストックしておかなければいけないに決まってる」

は思い込みかもしれない。ということを言いたいんだと思います。(軸を持て😂)

 

何回も言うけど、上記の解説は机上の理論、なんだったらキレイごとだとは思うけど、誰かの所でストップさせずに循環させていけば、溜め込む必要も、無くなる不安も減るかもしれない。。。

という感じ。

あくまで仮説だけれど。

 

別にこんなこと解説しなくたって、実際世の中はもう既にこうやって、お金がスライドしていきながら回ってるんだろうけど、規模がデカすぎるとその円○の実態が掴めないから、それとは別で、ローカルに信頼おける人同士で
「経済を回す!!(。・ω´・。)ドヤッ→笑」
も実践していけたらいいなぁー。と思った。というお話です。

 

地域通貨とかはもうわりといろんな自治体が実践してるし、そういう流れ始まってますけどね。

 

かといって、人生で関わる人がコミュニティ内だけってのも視野が狭まってカルトっぽくてどうかと思うし、(言い方。笑)

欲しいもの、自分に必要なものが、知り合い同士のコミュニティ内で事足りるってことは現時点ではないので、

従来の「どこの誰かは知らない人のお店」で、物を買ったりサービスを受けたりすることは、今後ももちろんしていくと思います。そうじゃないと生活成り立たないし。

 

視野は広く持って、お金(エネルギー)を循環させていくコミュニティが変わっていったり、増えていくことも楽しんでいけたらいいな。


余談ですが 円○ という表記。

書きながら 「円」の本質に少し触れられた気がしました。 (気だけね)

 

円という漢字が、○ 循環 を現してる。

 

わざわざ「円」=物理的な「お金」=囚われてはいけないもの

と避けるようにして「縁」に変換しなくても、「円」という漢字が、「縁」という表記が好きな人達の、「繋がり」的な想いも全て包括する力があるのでは?!( ˙꒳​˙  )???

 

なんてのも思いました。

 

ドル とか ルピー とか バーツ とかって、そういう要素あるのかな?

ちょっと今日はそこまで調べませんけど。

 

ご清聴ありがとうございました🙌