violetbluexxx’s blog

猜疑心と信頼の間で生きてます。申し訳ございませんが、あなたの為になる記事は恐らくありません。心のこと、音楽、ファッション、アート、旅、アニメ、映画、本、記録&アウトプット雑記ブログ

レッチリのジョン・フルシアンテ復帰後第1段のシングル曲に悶えた話


f:id:violetbluexxx:20220223181915j:image

rockin’on.com

 

レッチリの4月にリリースされるアルバムからのニューシングル「Black Summer」

もう!もうもうもう!安定の「レッチリ

もうどっから聴いても
レッド!!ホット!!チリ!!ペッ!!パーズ!!

なんだったら「あれ?もう今までのアルバムに入ってなかった??」レベル😂
(ダニーカルフォルニアあたり)


でも!それでいい!!
これでいい!!
これがいい!!!

 

なぜなら、今回は10年以上ぶりに
ジョン・フルシアンテがバンドに復帰しての1作目だから。

 

ほとんどのファンが
「待ってました!!!おかえり!!!」ってなる曲だと思う。
こういうの待ってたと思う。

 

こんなこと言いながら、4月にアルバム出るのは知ってたけど、先行シングル出てるの知らなくて、初めて聴いたの職場の有線だったのです。

 

BGMだからそないボリュームも上げてないし、スピーカーもドンドン響くようなやつじゃないから、最初全然気づいてなくて。

「なんかレッチリみたいな曲やなこれ。影響受けた若もんバンドか?」って思ってたんだけれど

ギターソロのパートで

 

「・・・ちゃう!ちゃうわ!レッチリみたいちゃう!!レッチリや!!このギターの音色はジョンの!ジョン・フルシアンテのギターだ((((;゚Д゚))))!!」っなって、
ようよう聴いたら 声も
「アンソニーの声やないか!」ってなって😂
(洋楽ロックで好きなボーカリストトップ10に入るであろう人物やのに。笑 ごめんよアンソニー🙏)

 

そんで、確認の為に電車の中でSpotifyで聴いて「やはり!」となり、イヤホンからはダイレクトすぎて ギターのパートでもう悶絶。

 

ジタジタニヤニヤ暴れまわってしまいそうだった。笑

 

なんか、「レッチリの曲」って先入観なく「ジョンのギターの音」ってわかったのが嬉しかったし、自分すげぇ!!!ってなったな~。


私は楽器やエフェクターやら機材については まったく何も知らないし、演奏テクニックとかについても無知だけど、知識(あたま)の部分で判断したんじゃなくて、ハートの部分で「心のこの部分が反応する音はジョンの音だ」ってなったんやなー。


※なんか特徴的なんで、わかりやすいギタリストやとは思うけど。

 

後は、サビのコーラス&ハモリが「ジョンだー!!」ってなりましたなぁー。

アンソニーの声とのハーモニー。

あーやっぱりこれこれ。これですよ。

 

いやーとにかくよい。
ジョンがいてるレッチリのライブ。
人生で1度は味わいたいなぁー。
(タイミング合わなくて、未経験なのです)

 

でも、ワールドツアーでは日本に来てくれない🤣🤣🤣

 

そして、ジョンが脱退してから10年間。
ギターを務めていたジョシュ。

このインタビュー読んで、はぅーーってなりますた。

rockinon.com

彼のファンになるってことは残念ながらなかったんだけど😅(ジョシュ期の2枚のアルバム、嫌いじゃないけどあんまり聴かなかった💦)レッチリを休止させないでくれて、歴史を終わらせないでくれてありがとうって本当に心から思う😭😭✨

 

イエモンと一緒で、もう4人離れないでおくれよ😭😭😭

 

PVも相変わらずよく分からない設定で最高です。笑


www.youtube.com


安定のアンソニーの宇宙と交信系ダンス。𓀞𓀟𓀠𓀡𓀢𓀣𓀤𓀥

 

安定の上半身裸

 

安定のマッチョ&トライバルタトゥー
(余談ですが、私がトライバルタトゥーに興味を持って、さらにハートのトライバルタトゥーを入れたのは アンソニーのタトゥーがめっちゃくちゃかっこいいと思ったからです。)

 

1:53からの ジョンのギター ギタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

佇まい変わらなすぎぃいぃぃっ!!

 

1人ずつのカットが続いて(途中でアンソニーがフリーを肩車してるけど。笑)
2:50で4人が揃う。

 

なんだこれーーー!!!!!!良すぎか!!!!仲良しか!!!!!

 

そして、このシングルを聴きながら仕事場に向かっていたら、レッチリのパーカーきてる5歳くらいの男の子を発見するという😂なんでや。

 

シングルでこんなに掴まれてもーて、アルバムめちゃくちゃ期待しちゃう~∩^ω^∩

ライナーノーツ読みたいが為に実物買おうかな∩^ω^∩

 

ちなみに、日本語訳バージョンも。歌詞も相変わらずヘンテコ。

でも何故か引き込まれる。


www.youtube.com